かあちゃんねる「ご飯だよ~」

🌼毎日のご飯作りがラクになる🌼

【鉄欠乏性貧血】 私の体験談 ①

【鉄欠乏性貧血】 私の体験談 ①

日常の中で少しの疲労感や不調はあったけど、40代なので更年期の症状など少しずつ出てきているのかな。。。なんて思っていました。

でも、ある夜、部屋でパソコンを見ていた私は立ち上がって台所に移動すると、今、隣の部屋から歩いただけとは思えない疲労感。体が別の物になってしまったような。今まで感じたことのないような大きな疲労感を感じました。とりあえず椅子に座って一時停止。

この時「この疲労感、ちょっと尋常じゃないな。」と感じましたΣ( ̄ロ ̄lll)。

この頃から数日で、状況が悪化してしまいました。

61kb267

【目次】

 

 

【体調の変化】

  • 体を動かした後の疲労感が増える。
  • 何となく息苦しい。
  • 少しふらつく。
  • 横になっている時間が増える。

この頃、「最近調子悪いな」と自覚し始めるΣ(・ω・ノ)ノ!。

 

【通院しようと決めた時の症状】

  • 倦怠感。(動いては体を休めるの繰り返し)
  • 血の気が引く感じがする。
  • 左胸が痛い。
  • 息苦しい感じ。(呼吸は出来ているのに苦しい)
  • 脈がはやい。(脈が速く空打ちしている感じ)

 

【かかりつけ医 病院受診】

  • 胸の音異常なし。
  • 喘息症状なし。
  • 心電図異常なし。
  • 「検査のできる大きな病院に行き、CTを撮ってもらった方がいいでしょう」と話がある。

 そのまま、検査のできる病院に向かう。

 

【検査のできる病院受診】

  • 心臓と肺の、CTを撮る。異常なし。 ⇨胸部痛に関しては、筋肉や筋膜の痛みか考えられる。と鎮痛薬が処方される。
  • その他の症状の原因がわからないので、血液検査をすることとなる。医師より「何か思い当たることはないですか?」と聞かれ、「たぶん貧血気味だと思います。」と伝えると検査内容に加えてくださる。

数日後、検査結果を聞きに行く。

  • 医師より、「血液検査の結果、鉄分が足りていません。」と結果の紙を見ながら説明を受ける。特に鉄分を貯蓄している数値がかなり低いらしく、「普通の値の人が急にこの数値になったら、動悸がして普通に座ってはいられないくらいですよ。」「鉄欠乏性貧血です。」とのこと。 ⇨鉄剤を処方される。

この時⤴の私の状況

  • はたから見たら、確かに普通に座っているように見えるかもしれないが。。。私の感覚では、胸が苦しく、意識はなくなってしまいそうなギリギリな感じ(T_T)。この状況なんとかしたい。。。しかし、これが貧血からくる症状なのか。。。

 

【薬の処方を受けてから、その後】

  • 胸部の鎮痛薬 、塗ると効果あり。痛みは数日かけて消失。
  • 貧血症状は鉄剤内服により、少しずつ疲労感が消えていく。息苦しさも減っていく。
  • 鉄剤を内服して1週間2週間たつと、日常生活で出来ることが少し増える。起きている時間も増える。

  

【反省点】

  • 「女性にありがちな貧血」「更年期症状もあるのかな~」と軽く考えていた自分に反省です💦。
  • 体の不調やサインは受け止めて、病院に行き必要な検査を受けた方がいい。今回痛感しました(>_<)。あの倦怠感と息苦しさの原因が鉄欠乏性貧血だったとは。。。

 

今回の鉄剤の処方は30日分、その後も通院予定です。

まだ疲れやすく、またあの苦しさがきたらと心配な気持ちもあります。

ですが、一時の不調からは回復してきているのを感じるので、通院して良かったです。

出来れば、もう少し早くに通院しておくと良かった。。。

 

今回は、私の体験した鉄欠乏性貧血を書いてみました。

ひとつの体験談として、参考になりましたら幸いです。